オーダー家具で失敗しないために事前チェックは念入りに

部屋のテイストとマッチするか、サイズもしっかり確認

オーダー家具を購入する際に大切なのは、まずは「部屋にマッチするデザインかどうか」を考えることです。ショールーム等で一目ぼれしたからといって、衝動的にオーダーしてしまうといざ自分の家に運んだ時に、空間のテイストと合わずに、ちぐはぐな印象になってしまうことがあります。次に大切なのが「間取りとサイズの確認」です。家具を置くスペースは十分に確保できるか、部屋の天井までの長さやタテ・ヨコの幅、そして忘れてならないのが、ドアを開けた際に家具にぶつからないかという点です。また、家具の向きによっても使い勝手は大きく変わります。実際に部屋で使用する状況をしっかりシミュレーションしてみると良いでしょう。

搬入経路のスペースをチェックしよう

インテリアのテイストもOK、配置場所のスペースも大丈夫であれば、あとは「搬入が可能か」を確認しましょう。これは失敗談としてありがちなケースで、特に完成した状態で運搬する家具や大型ソファなどは、分解が出来ないため事前に経路を念入りにチェックしておかないと、残念な結果に陥ってしまいます。具体的に確認する場所は、「玄関」「廊下」「エレベーター」などです。特にエレベーターは入口の広さと高さ、内部空間の幅と奥行き・高さを確認しましょう。仮にエレベーターで運べないとなると、搬入経路を他に確保する必要が出てきます。その際は搬入費用としてオプションが派生することも考えられますので、くれぐれも事前チェックは念入りに行いましょう。

オーダー家具の設計を依頼する際は、予定している場所に搬入できないいうことがないように寸法を正確に測定して伝えることが大切です。